運動するときは気をつけよう

産後数日で痛みが消えている普通分娩と違い、帝王切開をした場合、傷が治るまでの間は激しく動くことができません。少なくとも1ヵ月間は傷の治療に専念しましょう。 産後の1ヵ月健診で、担当医にダイエットを始めて良いかと確認を取るようにしましょう。

尚、運動開始の許可が出たとしても、激しい運動を行うと傷の治りにも影響してきますから、痛みを感じたらすぐに止めてください。

どんな出産でも同じですが、とにかく産後に無理をしてはいけません。子ども、自分、家族のために無理をして体調を崩してしまっては本末転倒。 大事な我が子や家族と離れ、入院生活なんていうことになってしまったら大変です。それは何としてでも避けなければなりません。

従って、産後2ヵ月くらいまではしっかり安静にしておくことが重要です。 問題がないようでしたら、2ヵ月以降から出産前の体重に戻すにはどんなダイエットがいいのかの2つ目のポイントから始めましょう。

そして、体調や傷の治りを見ながら運動ができると思ったら、骨盤矯正をしましょう。 尚、上記のページで紹介している骨盤矯正ではなく、骨盤矯正用のベルトやインナーを使用するときは、きつく締めないようにしましょう。

きつく締めてしまうとお腹の傷口が痛くなったり、かゆみが出ることがあります。 従って、ワンサイズ大きめのものを選んだり、アジャスターでゆるめに調整して身に着けるなどの工夫が必要です。 帝王切開後は、自分で思っている以上に体が消耗しているものです。

帝王切開後、数ヶ月くらいはジッとしていても問題はないくらいです。 早く以前の体型に戻したいという気持ちはわかりますが、ひとまずはダイエットよりも安静を心がけ、自分の体調が万全に整った上でダイエットに着手するようにしましょう。

このページの先頭へ