妊娠前の体重に戻っても安心は禁物

3人目は2人目と同様に母乳育児だったので、授乳中のダイエットでお伝えした4つのポイントを守りながら産後ダイエットをしました。

妊娠前の体重は58㎏(身長163cm)。出産直前の体重は71㎏。

産後1年で妊娠前よりも1㎏少ない57㎏まで戻りました。 しかし、太ももとウエストは産後1年経っても妊娠する前より太いまま。

妊娠前の太ももは53cm。ウエストは65cm。
出産直後の太ももは58cm。ウエストは80cm。
産後1年の太ももは56cm。ウエストは71cm。

このまま何もしなければ、太ももとウエストが戻らないと思ったので、いつも仲良くしてもらっているママ友に相談してみることにしました。 そこで、教えてもらった3つのエクササイズを実践することにしました。 その結果、4週間で太ももとウエストは妊娠前とほぼ同じまで戻りました。

ちなみに、1人目、2人目のときは体重が戻ったら、それ以降、産後ダイエットを続けなくてもリバウンドすることはなかったので、3人目も同様に産後ダイエットはここで終了としました。 しかし、3人目のときは、それから4ヶ月後に体重が4㎏増えて59㎏になっていることに気づいたのです。 油断していました。リバウンドするとは思っていませんでした。

そこで3人目と1人目、2人目の違いは何か考えてみたら、基礎代謝がかなり落ちているから、太りやすい体質になっていると予想しました。 そこで、上のエクササイズに加えて、基礎代謝が上がるような食事や飲み物を摂り入れることにしました。 すると1ヶ月で-1.6㎏、4ヶ月で-4.7㎏、体重を減らすことができました。

特に産後は筋肉の衰え、骨盤の歪みによる血行不良で基礎代謝が落ちやすいので、産後ダイエットは、食事(またはエクササイズ)だけでダイエットするのではなく、食事とエクササイズの両方を実践するのがリバウンドしないコツだということがわかりました。

それでは、私がリバウンドしたときにどんなエクササイズをして、どんな食事や飲み物を摂っていたのかを具体的にお伝えします。

目次

3つのエクササイズを実践して太ももとウエストが落ちる

上で紹介したように太ももとウエストが戻らないときに実践したエクササイズは以下の通りです。

腰回し
両手を腰に当ててゆっくり時計回りと反時計周りに回すだけ。 私は1日に時計回り(20回)と反時計周り(20回)で合わせて40回していました。 ポイントはゆっくり腰を回すこと。それだけ注意すればいいです。

足の親指回し

両足の親指をそれぞれ時計回りと反時計周りにゆっくり回すだけ。 まず、左足の親指の付け根を右手を持ちます。その後、時計周りにゆっくり回します(20回) 反時計回りも同様に20回行います。

お腹と太ももつまみ

お腹と太ももをつまんで離すだけ。 まず、お腹の肉を両手で軽くつまみます。つまむときは少し痛い程度でつまむのが理想です。 そして、5秒つまんだら両手を放します。 これを10回繰り返します。 注意点は10回それぞれ異なるお腹の箇所をつまむようにしてください。 お腹が終わったら、太ももも同様に10回つまんでください。

この3つを実践することで足のむくみ解消とリンパの流れがよくなり、太ももとウエストが細くなっていきます。 上の1~3すべてを実践しても10分程度でできます。 特に実践するときのコツも必要ありません。 本当に簡単ですので、産後、太ももとウエストが気になる方は実践してみてください。

実際、私は上記の3つを実践して4週間で太もも56cmが52㎝。ウエスト71cmが63㎝。体重が55㎏になり、めでたく妊娠前の状態に戻すことができました。

豆腐と豆乳を食べることにして正解

4週間で妊娠前の太ももとウエストを手に入れることができました。 「あ~~~よかった」ということでそれ以降は上の3つのエクササイズをすることはなくなりました。

それから4ヵ月後。

お風呂上りに、何気にお腹を触ってみると、肉がついているではありませんか!

お風呂上がりにウエストを計ってみると63㎝が67cm。
太ももは52㎝が54cm。
体重は55㎏が59㎏(妊娠前よりも1㎏オーバー)

「やはり実践し続けないといけなかったのかな?」と少し反省。 でも「実践し続けないと太ってしまうということは代謝が悪い?」

これをきっかけに上の3つのエクササイズに加えて、基礎代謝を上げようと思いました。 ただ、「基礎代謝ってどうやったら上がるの?」という状態の私は何をすればいいか全くわかりません。 こんなときはママ友に聞くのが一番。

私:「お腹がまた太くなっちゃった。どうしたらいい?」
ママ友:「納豆や豆腐を毎日食べるようになったら太りにくくなったよ。あと豆乳もたまに飲んでる。やっぱ大豆はいいよ」

「大豆に含まれているたんぱく質やイソフラボンは基礎代謝を上げるためにもってこいの食材なんだなあ」ということがわかりました。

ただ、私は納豆が嫌い。ということで「豆腐、豆乳」で基礎代謝を上げることにしました。 豆腐は冷奴、豆腐ステーキ、鍋、マーボ豆腐などいろいろ味が楽しめるのでいいですが、問題なのが豆乳。 豆乳は飲めないことがないのですが、ちょっと苦手なのでいろいろアレンジして飲む(豆乳のアレンジ方法)ことにしました。

妊娠前の体型に戻ってから4ヵ月後、ウエストが4cm、太ももが2㎝、体重が4㎏リバウンドしてしまった私ですが、お風呂上りに上記の3つのエクササイズ、毎日、豆腐料理(1日半丁)と豆乳(1日100cc)を摂る生活を4週間してみました。

ある日の1週間
月曜日:冷奴、ソイラテ
火曜日:豆腐サラダ、ソイラテ
水曜日:マーボ豆腐、豆乳入り酵素ドリンク
木曜日:豆腐の味噌汁、豆乳入り酵素ドリンク
金曜日:豆腐ステーキ、豆乳
土曜日:豆腐チャンプル、豆乳入りグリーンスムージー
日曜日:あんかけ豆腐、豆乳入りグリーンスムージー

4週間後の結果
1週間目:ウエスト-0.6㎝、太もも±0、体重-0.2㎏
2週間目:ウエスト-0.3㎝、太もも-0.4㎝、体重-0.5㎏
3週間目:ウエスト-0.7㎝、太もも-0.1㎝、体重-0.7㎏
4週間目:ウエスト-0.5㎝、太もも-0.3㎝、体重-0.4㎏
合計:ウエスト-2.1㎝、太もも-0.8㎝、体重-1.6㎏

4週間でリバウンドした分を戻すことはできませんでしたが、自分的には満足のいく結果でした。 つらい運動や食事制限をしなくてもしっかり痩せることがわかったので、続けて実践していきたいと思います。

産後ダイエットに最適な豆腐を使ったレシピ

上で紹介したような豆腐料理以外におすすめの豆腐料理のレシピをご紹介します。 どちらも基礎代謝を上げる効果がある食材を使っていますので是非、作ってみてください。

チアシード入りドレッシングを使った豆腐サラダ

チアシードは食物繊維、オメガ3脂肪酸、鉄分、カルシウム、マグネシウムが一度に摂ることができるスーパーフードです。 腹持ちもいいのでダイエット食としても最適です。 そんなチアシードを使ったサッパリ味のゴママヨドレッシングの作り方をご紹介します。 豆腐サラダにとても合うドレッシングです。

材料
チアシード(大さじ1程度)、酢(100ml)、しょうゆ(50ml)、マヨネーズ(大さじ2)、すりゴマ(大さじ2)、ゴマ油(少々)、すりおろし人参(1/2本くらい)、すりおろしにんにく(少々)、きび砂糖(大さじ3~4)

作り方
1.チアシードの食感が気になる場合は、すり鉢ですって粉状にしておく。
2.計量カップに酢、しょうゆを入れたら、チアシード以外の材料を順次追加し、よく混ぜる。
3.混ぜ終えたら、最後にチアシードを加えてひと混ぜし、20分位冷蔵庫で冷せば完成。

豆腐入りココアケーキ

ダイエット中に大変なことの1つとしてお菓子を我慢しなくてはいけないことがあるのではないでしょうか?。 そこで砂糖を使わない豆腐入りココアケーキをご紹介します。 豆腐とココアはどちらも基礎代謝を上げる効果ができる食材です。 甘党の人でも満足してもらえる味です。 焼きたてももちろん美味しいんですが、冷ましてから、ヨーグルトを添えて食べるのもおすすめです。

材料
小麦粉(ベーキングパウダー入り)(200g)、生クリーム(200ml)、豆腐(水切りなし)(150g)、卵(2個)、ハチミツかメープルシロップ(大さじ2)、純ココア(大さじ2)

作り方
1.ボウルに卵を割り入れたらよく溶きほぐす。
2.そこへハチミツ(またはメープル)と生クリームを加えて更によく混ぜたら、豆腐を手でつぶしながら加え、よく混ぜる。
3.2のボウルに小麦粉とココアを数回に分けて少しずつ加え、粉っぽさがなくなるまで混ぜる。
4.170度で余熱したオーブンで、約40分焼いたら焦げないようにアルミホイルをかぶせて更に10~20分焼く。竹串をさして何も付かなければ完成。

豆乳のアレンジ方法 おいしく飲みたい人へ

豆乳が苦手な私でもおいしく飲むことができた豆乳のアレンジ方法をご紹介します。 尚、今回は基礎代謝をさらに上げるために豆乳を酵素ドリンク、グリーンスムージー、たんぽぽコーヒー、ルイボスティーに混ぜて飲みました。

たんぽぽコーヒーには脂肪やコレステロールを減らしてくれるコリンやイヌリンという成分が含まれています。

ルイボスティーには血液の流れをよくして、脂肪を燃焼しやすくする亜鉛、鉄、マグネシウム、カルシウムなどのミネラルがバランスよく含まれています。

酵素ドリンクまたはグリーンスムージーには基礎代謝を上げてくれる酵素と腸内環境をよくしてくれる食物繊維がたくさん入っています。 腸内環境がよくなり、お通じがよくなるので、基礎代謝も上がります。

豆乳に混ぜておいしかったルイボスティーは、「エルバランシアのルイボスティー」です。

エルバランシアのルイボスティーに豆乳に混ぜると、味がマイルドになって、豆乳の独特のクセがかなり緩和されます。 ほんのり甘くなり、豆乳が飲みやすくなります

豆乳に混ぜておいしかったたんぽぽコーヒーは「ティーライフのたんぽぽコーヒー」です。

特にティーライフのたんぽぽコーヒーは群を抜いておいしかったです。 某有名コーヒー店で飲むソイラテとそっくりな味です。

豆乳に混ぜておいしかった酵素ドリンクは、「優光泉」です。

優光泉は、ほんのり甘い程度なので、飲んだ後も喉に甘さが残ることはありません。

豆乳に混ぜておいしかったグリーンスムージーは、「ミネラル酵素グリーンスムージー」です。

水に混ぜて飲んだときよりもかなり甘味が増し、デザートのようになり、おいしかったです。

もちろん、豆乳が好きな人はそのまま飲んでもらっていいですが、豆乳が苦手な人は一度試してみてください。

まとめ

上の3つのエクササイズと豆腐と豆乳を摂るようになって4ヶ月が経ち、娘も2歳になりました。 4ヶ月目で-4.7㎏体重を減らすことに成功しました。 これでリバウンド分(4㎏)をクリアできました。 最近は上のエクササイズや豆腐、豆乳に加えて着圧ソックスを履いて、さらに下半身を細くするために頑張っています。

このページの先頭へ