体重をコントロールするポイント

妊娠から出産、産後にかけて、女性の体重は急激に増減します。妊娠中は食べると食べただけ(それ以上に?)体重が増え、出産までに10㎏前後増加することが多いでしょう。 3㎏前後の赤ちゃんが生まれ、羊水・胎盤等1㎏程度が排出されるので、単純計算で出産直後は妊娠前に比べて6㎏程度増えていることになります。

この6㎏をすぐにでも何とかしたいと思うのが女心。しかし、産後直後はまだ体調が整っていませんからダイエットするわけにいきません。 ところが、ダイエットらしいダイエットをしなくても、徐々に体重が減っていくことがあります。例えば体質の変化。もともと太りやすい体質だったのに、妊娠・出産を経て痩せやすい体質になることがあります。

また、母乳育児によって体重が減っていくこともあります。授乳期はいつもよりも500キロカロリー多めに摂取することが目安とされていますから、ご飯だとお茶碗2膳分余計に食べても問題ないということになります。 さらに出産をきっかけに骨盤の歪みが矯正されることで妊娠前よりも腰回りがすっきりする場合もあります。

それでも、妊娠前の体型に戻すためには、産後1ヶ月頃からダイエットをする必要はあります。 ただ、短期間で結果が出るような極端なダイエットは、リバウンドしやすいです。 産後の6㎏、女性として気になるところではありますが、慌てることはありません。

短期間で元に戻すことを考えず、時間をかけて元の自分を取り戻して行くという心構えが大切です。 また、急激な体重の変化は体調不良につながりやすく、育児に必要な体力まで落としてしまう可能性があります。 育児はとにかくスタミナ勝負。子どもは親が思ってもみないことをするものですから、子どもを守る力を維持できる程度に徐々に体重を減らすようにしましょう。

一般的なママの産後ダイエットには激しい運動や食事制限の必要はありません。 出産前の体重に戻すにはどんなダイエットがいいのかで紹介している3つのポイントをしっかり押さえたダイエットをしてもらえれば大丈夫です。

もちろん、。1週間では結果は出ないでしょうが、産後6ヵ月までには妊娠前の体型に戻っているはずです。 そして、目標としていた体重まで戻っても、上記のページで紹介しているポイント2と3続けるようにしましょう。 そうすれば、リバウンドの心配はありません。

最後にダイエットサプリメントを試そうと思っているなら注意してください。 ダイエットに効果のあるサプリや栄養の補給できるサプリについ頼りたくなってしまいますが、普通の状態であれば問題がなくても、授乳中には避けるべき種類のものもあります。 具体的には、成長ホルモンを活性化させるアルギニンやシトルリンなどがありますので、専門家に確認するようにしましょう。

このページの先頭へ