骨盤のゆがみが原因

産後、下半身の体型の変化に戸惑う女性は多いものです。 具体的には「お腹が出たまま戻らなくなってしまう」「お尻が下がり、形までも悪くなってしまう」「脚がむくみがちになって太くなってしまう」などです。

ちなみに、妊娠前にスリムであった人ほど、元の体型に戻らなくなってしまう傾向があります。 なぜ、産後は下半身が太ったり、体型が崩れやすくなるかというと、骨盤のゆがみが原因です。 妊娠すると赤ちゃんが通る産道を確保するため、骨盤が開きやすくなるホルモンが分泌されます。 そして、骨盤が開きやすくなれば、ゆがみも生じやすくなります。

そのゆがみを産後もそのままにしておくと、本来、あるべき位置の内蔵が下がったままの状態になるため、お腹の出たりやお尻の下がってしまうのです。 また、下半身の新陳代謝も低下するので、脂肪が燃焼しにくくなり、体重が戻りにくくなるのです。

なので、こちらのページ(出産前の体重に戻すにはどんなダイエットがいいのか)で紹介しているように産後ダイエットではまず、骨盤の矯正からはじめてください。 では、どのように骨盤を矯正していけば良いのでしょうか。

まず、産後に骨盤を矯正するときの注意点をお話しします。 骨盤を矯正するためのベルトやインナーを使用したいと思っているママも多いことでしょう。。 ベルトやインナーには「ウエスト~骨盤までを締めるもの」や「ウエストから太ももまで締めるもの」等さまざまな種類があります。

ただ、このようなベルトやインナーを使うときは、ウエストを締めすぎないようにしてください。 産後にウエストを締めすぎてしまうと、骨盤内に収まっていなければならないはずの直腸・子宮・膀胱などが押し下げられ、その結果、痔や脱肛、排尿障害、子宮脱につながってしまうことがあります。 産後はくれぐれも無理をせずにダイエットしてください。

骨盤のゆがみを簡単に矯正する運動
出産後、忙しく、産後ダイエットができないママさんに自宅で簡単にできる骨盤矯正の運動を紹介します。

【お尻でウォーキング】
脚を伸ばして、床にぺたんと座ります。その状態で左右のお尻を動かしながら前へ歩きます。 これだけです。 ポイントは、歩くときにお尻を床から離さずに歩くことです。 そうしないと、運動の効果が下がってしまいます。 もし歩きにくい時は、腕をふると歩きやすいです。

【椅子からスタンダップ】
背筋を伸ばして、椅子に腰掛けます。 その状態で、両足を斜め45度に外側に開きます。足はそのままで、椅子から立ち上がります。 これを1日10回、3セット行います。 ポイントは、呼吸を意識することです。 立つ時に息を軽く吸い、座る時には息をしっかり吐きながら行うことです。

いずれも簡単な運動ですが、毎日コツコツ継続することで、骨盤が正しい状態に戻ります。 ただし、産後のあまり早い時期からはじめるのは良くありません。 産後2ヶ月からはじめるのが良いでしょう。 産後2ヶ月~半年くらいまでは骨盤の柔らかい時期ですので、この時期に頑張って継続すると、効率よくゆがみを矯正できます。

このページの先頭へ