産後ダイエットはどんな方法が一番いいのか

骨盤矯正からはじめよう

妊娠中の女性は、胎児に栄養分を与えるためにたくさんの食事を摂るので、体重が増えますし、脂肪もつきやすくなります。 出産後は、それまでスレンダーで太ったことのない人でも太ったままになってしまうくらい、妊娠による体型への影響は大きいものです。 そんな妊娠・出産によるダイエットの方法は、骨盤矯正がおすすめです。

骨盤が正しい位置にあると、新陳代謝がよくなり、ぜい肉もつきにくくなります。 骨盤矯正が産後ダイエットに効果的なのは、妊娠中に胎児への居場所を作るために開いて歪んでしまった骨盤を、正しい形に戻すことで新陳代謝などを正常化でき、ダイエットの正しい効果がでるからです。

骨盤がゆがんだままダイエットをしても、新陳代謝がよくない状態では効率が悪く、脂肪も落ちにくいのでなかなか結果が出ないのです。 ですので、運動や食事などでのダイエットをはじめるに、まずは骨盤矯正を行うことが大切なのです。

骨盤矯正自体にダイエット効果があるというよりも、矯正したきれいな骨盤があった上でダイエットの成功がある、といった感じです。 骨盤がゆがんだまま過ごしていると、お腹が出たりお尻が下がってしまう、下半身太りの原因になってしまいます。 産後ですので無理は禁物ですが、骨盤の様子には気をつけておきたいものです。

もし出産後に腰痛になったら

出産後、なぜか腰痛がするので病院へ行ったものの、異常はないと判断されてシップをもらったけど、なかなか腰痛が治らない・・・という経験をした女性は多いようです。 出産後・妊娠中の腰痛の原因のひとつに、骨盤のゆがみが挙げられます。

妊娠中は、産道を確保するためにリラキシンというホルモンが分泌されます。このホルモンの働きにより骨盤が開きやすくなり、産道の確保に役立っているのですが、そのために骨盤はゆるくなり、ゆがみが生じやすい状態になっています。 この時に生じた骨盤のゆがみが、腰痛につながっているのです。

骨盤を矯正をすることで産後の腰痛は解消される場合が多いので、産後に整体などで骨盤矯正を受ける人が多くなっています。 腰痛による産後の骨盤矯正に適した時期は、産後2ヶ月〜半年までの間です。 産後半年を過ぎると、徐々にリラキシンの分泌が収まっていきます。その時期までのやわらかい骨盤で矯正を受けることで、正しい位置に戻りやすいのです。

骨盤矯正バンドなどで矯正を助けることで、さらに効果は高まります。 もちろん半年以降を過ぎていても、じっくり矯正していくことで腰痛改善の可能性はありますので、産後の腰痛は仕方がないものと、あきらめる必要はありません。