妊娠して太りすぎたママへ

出産後、無理なく体重を戻すためのダイエットには3つのポイントがあります。

1つ目は、まず骨盤を矯正する
骨盤は妊娠中に胎児への居場所を作るために開いて歪んでしまいます。 そして、出産後も骨盤を歪んだままの状態にしておくと、新陳代謝が上がらないので、脂肪がなかなか落ちまぜん。

さらに、骨盤が歪んだまま過ごしていると、お腹が出たりお尻が下がってしまう下半身太りの原因にもなってしまいます。 なので、出産前の体重に戻す第一ステップは骨盤矯正です。

骨盤矯正というと「ベルトで矯正する」というイメージですが、ここではベルトを使わずに骨盤を簡単に矯正できる方法をご紹介します。

ちなみに、ベルトを使って矯正してもいいですが、ベルトを使うときは、注意することがあります。出産後、骨盤は柔らかい状態です。 その状態で、骨盤をベルトできつく固定してしまうと、歪んだままで骨盤が固定されることもおそれもあります。 なので、上下、左右に可動しやすいベルトを選ぶようにしてください。

それでは「自宅でできる方法」をご紹介します。

まず、椅子に座ります。 次に、両手を組みます。 そして組んだ両手を頭の上に伸ばして背伸びをします。 背伸びは1分間します。

次に、背伸びをしたままで、両足のひざをくっつけます。 このとき、腰に少し力を入れるようにします。 この状態を1分続けてください。 1分経ったら、背伸びを止めて、くっついている両足のひざを離してください。 ここまでを1回とします。

1分程度休憩したら、上記の工程を繰り返してください。 合計5回繰り返しましょう。 時間は15分程度で終わります。 慣れてきたら、上記の矯正法を朝と夜にすると効果的です。 2週間程度続ければ、骨盤は出産前の状態に戻ります。

ちなみに、この矯正法の中に登場する背伸びは、家事や料理を作っている間などにもするといいです。 出産後、ホルモンバランスが乱れると、抜け毛やむくみがひどくなります。 しかし、背伸びを続けると、成長ホルモンの分泌が活性化されて、ホルモンバランスが整ってきます。 是非、背伸びの習慣も出産後の生活の一部にしてください。

2つ目は、便秘を解消する
出産後、授乳中に便秘になるママがとても多いです。 現在、便秘なら上記の骨盤矯正と共に便秘を解消しましょう。 便秘のままで産後ダイエットしても出産前の体重になかなか戻らず、苦労することになります。

ここで、便秘解消法の中で効果を実感している人が多いのが乳酸菌やオリゴ糖です。 また、乳酸菌やオリゴ糖なら授乳中でも安心して摂ることができます。 従って、産後の便秘は乳酸菌やオリゴ糖で解消するのが一番でしょう。

では、乳酸菌とオリゴ糖のうちどちらを摂ったらいいのでしょうか? それは、現在、「お肉と卵」と「野菜と果物」を比較してどちらを多く食べているかで決めるのがいいでしょう。

「お肉と卵」を多く食べているなら、腸内の乳酸菌が少ない傾向にあるため、乳酸菌を増やしたほうが便秘が解消しやすいです。

一方、「野菜と果物」を多く食べているなら、腸内を良好に保つために必要な乳酸菌の数は満たしている場合が多いのですが、1つ1つの乳酸菌が活発に活動していないため、便秘になることが多いです。 この場合は、乳酸菌のエサとなるオリゴ糖を摂って、腸内にすでに存在する乳酸菌を大きくしたほうがいいです。

「お肉と卵」派は「乳酸菌」。「野菜と果物」派は「オリゴ糖」を摂りましょう。

「お肉と卵」派のための「乳酸菌」ランキング

 乳酸菌 EC-12(久光製薬)

【味】ヨーグルト
【1日当たりの価格】約70円
【1日に摂取できる乳酸菌の数】1兆個
【1粒の大きさ】約1.5cm

乳酸菌 EC-12は本物のプレーンヨーグルトとそっくりな味なのですが、後味は本物のヨーグルトよりもスッキリした後味でした。 ヨーグルトが好きな人なら味に関しては問題ないでしょう。

1日に4粒飲むことを推奨されています。 そして、1日当たりの価格(4粒)は乳酸菌サプリの中では安い部類に入ります。

尚、乳酸菌 EC-12のパッケージには「噛んで食べられる」と書かれているのですが、口に入れてからすぐに噛もうとすると粒がちょっ硬いので噛むのは難しいでしょう。 なので、口の中でしばらく溶かしてから噛むようにしてください。 また、粒の大きなが若干小さいので、カプセルの薬を飲むのが苦手な人でも大丈夫でしょう。

 善玉菌のチカラ(フジッコ)

【味】カプセル薬と同じような味
【1日当たりの価格】約75円
【1日に摂取できる乳酸菌の数】20億個
【1粒の大きさ】約1.8cm

善玉菌のチカラは味もニオイもほぼない(成分を包んでいるカプセルの味のみ)ので味気ないです。 ただ、善玉菌のチカラはカプセル薬のようにお水と一緒に飲むタイプなので、味がなくてもそれほど気にならないかもしれません。

ただ、1粒の大きさが若干大きいので、カプセル薬を飲むのが苦手な人は飲みにくいと感じるかもしれません。 ちなみに、善玉菌のチカラには乳酸菌 EC-12には配合されていないカルシウムが配合されています。 出産後はカルシウムをしっかり摂らないといけないので、手軽にカルシウムが摂れるのはうれしいです。

「野菜と果物」派のための「オリゴ糖」ランキング

 カイテキオリゴ

【味】砂糖を薄くしたような味
【1日当たりの価格】約95円

オリゴ糖は粉末なので乳酸菌サプリのように飲みにくいということはないでしょう。 後は味です。 カイテキオリゴは砂糖水を若干甘くしたような味なので、「嫌いな人はいないのでは?」と思う味です。

尚、オリゴ糖は粉末なので、いろいろな飲み物に混ぜて飲むことができるので、いろいろな味を楽しむことができるのはいいです。 カイテキオリゴは飲むヨーグルトとコーヒーと合いました。 毎日コーヒーを飲んでいるなら、コーヒーに混ぜるだけで、簡単に便秘を解消できることでしょう。

  はぐくみオリゴ

【味】ミルク味
【1日当たりの価格】約100円

はぐくみオリゴはカイテキオリゴよりも甘い味です。 ミルク味の飴を舐めているような味です。 はぐくみオリゴは飲むヨーグルトと紅茶と相性がよかったです。 ちなみに、もう少しお値段が安くなるといいですね。

3つ目は育児をしながらでもできるダイエットを実践する

骨盤矯正と便秘が解消できたら、本格的にダイエットをしていきます。 ちなみに、骨盤矯正と便秘解消を組み合わせたダイエットを実践していれば、妊娠前の体重に戻るママも多いです。

なので、3つ目は「妊娠前よりも体重が15キロ以上太った」「妊娠前よりも体重を減らしたい」「2人目(または3人目)のときの産後ダイエット」に該当するママは実践してください。

出産前よりも体重が15キロ以上太ってしまうと、上記の2つのダイエットだけでは妊娠前の体重まで戻らない可能性もあります。 妊娠前よりも痩せたい場合も、妊娠で増えた体重以上、ダイエットが必要なので3つ目を実践してください。

そして、2人目は1人目のときよりも体重が戻りにくいです。 特に、おなかやウエストが、太いままということが多いです。 なので、2人目のときは3つ目のダイエットを実践してください。 尚、上記に該当していなくても体型が気になるなら是非、実践してみてください。

ここで、出産後、どんな産後ダイエットをするのがいいかということですが、理想は食事だけで痩せられるのがいいです。 なぜなら出産後は運動する時間がないからです。

では食事だけで脂肪を効率よく燃焼させるためにはどうすればいいのか? それは、酵素を補うことです。 酵素ダイエットというのを聞いたことがあるママも多いことでしょう。

ただ、酵素ダイエットは成功する人もいれば失敗する人もいます。 実は、酵素だけを摂っても脂肪は効率よく燃焼してくれません。 脂肪を効率よく燃焼させるためには酵素と一緒にたんぱく質、鉄分、ミネラルを摂る必要があるのです。 そこで、「お肉と卵」派と「野菜と果物」派に分けてどんなものを食べるのがいいのかをご紹介します。

「お肉と卵」派のママ

「お肉と卵」派は、お肉と卵からたんぱく質、鉄分、ミネラルはしっかり摂れています。 なので、酵素を酵素ドリンクから摂れば、脂肪はしっかり燃焼してくれます。 尚、授乳中のママは無添加の酵素ドリンクを選んでください。

ただ、無添加の酵素ドリンクは高いんです。 1本、1万円以上するのがほとんど。 育児を始めたばかりの家庭で1万円の出費は大変です。 しかも、無添加の酵素ドリンクはおいしくなのが多いんです。(文字を小さいしました)

では、1本、1万円以内で、普通に飲める酵素ドリンクはないのかというとあります。 それが「優光泉」です。 「優光泉」なら1本、7400円。

味は、スタンダードと梅があるのですが、梅は癖がないので飲みやすいと感じる人が多いと思います。 スタンダードは梅より少し癖があるので、飲み慣れるまで時間がかかるかもしれません。 ただ、他の無添加の酵素ドリンクに比べたら本当に飲みやすいです。

「野菜と果物」派のママ

「野菜と果物」派は野菜や果物から酵素とたんぱく質はしっかり摂れています。 なので、鉄分、ミネラルを摂る必要があります。 ここで鉄分とミネラルを同時に摂れて、出産後のママに最適な飲み物があります。

それはルイボスティーというお茶。 ルイボスティーはノンカフェインということで妊娠をきっかけに飲むママも多いお茶。 なので授乳中に飲んでも安心。 尚、ルイボスティー選ぶときも酵素ドリンクと同様、品質が安心かどうかは確認してください。。 あと、味も重要です。

私が飲んだ中で品質と味ともに満足できたのが「AMOMA ルイボスティー」です。 「AMOMA ルイボスティー」の茶葉は農薬や化学肥料なしで栽培されていますし、無香料、無着色です。

味は緑茶に近い味です。 ちなみに他のルイボスティーは紅茶っぽい味が多いのですが、紅茶味のルイボスティーは、苦味が若干残るのが多いです。

しかし、「AMOMA ルイボスティー」は苦味もなくスッキリしているので飲みやすい。 さらに、歯への着色や茶渋が付きにくいのも高ポイント。

以上、出産前の体重に戻すための3つのポイントをご紹介しました。 ちなみに、「産後1年過ぎても体重が減らない」とお困りのママでも「上記の3つのポイントを実践したら体重が戻った」というママも多いので、今からでも遅くありません。是非、上記のダイエットを実践してみてください。

このページの先頭へ